35'S JOURNEY

青年海外協力隊生活@ボリビアで得たこと、帰国後の日本での生活・仕事ぶり、子育てのことなどについて気ままに書き綴ります!!

#057 青年海外協力隊経験者、ママになる⑥:引っ越し編

今日は引っ越しについて。以前住んでいたマンションの更新の際、今回は留まることにして、新しい部屋探しは中断していたところでした。ほどなくして妊娠が分かったので、急遽引っ越すことに。
 
f:id:micco35:20180131192132j:plain
 
なぜ引っ越すことにしたか
以前の物件の特徴はロフト部分を寝床に出来たこと、収納がたっぷりだったことです。正直満足してました。なぜ引っ越すに至ったかと言えば、子どもが生まれたら広いスペースが必要そうだし、大きなお腹を抱えてロフトに登るのは現実的ではなさそうだったからです。駅から遠い、坂が多いなども解消すべきポイントでした。
 
いつ引っ越したのか
妊娠が分かって2カ月後くらいのタイミング(安定期前)でした。本当はおすすめできる時期ではないです。後から聞いた話だと、引っ越しは相当ストレスフルなライフイベントで、妊婦はカラダに障るので避けたほうがよいそう。私は日頃からの鈍感力でなんでもなかったですが…致し方なくこの時期に引っ越す場合はなるべく引越し屋の有料準備サービスを使うなどするのが良いみたいです。お節介を焼かれそうな気がしていたので、実家の両親にも引っ越しが無事完了した時点で子どもが出来た報告をしました。ただ、出産前に今のところに移ってきたのは本当に正解。子どもが生まれると、何かと地域のサービスを利用することが多いので土地勘や行政のことが分かっていると安心です。
 
どこに引っ越したのか
私の職場の近くで交通の便がよいところです。なんとDoor to doorで15分圏内笑。出産直前まで働きたい、出産後もなるべく早い時期に職場復帰できるとよいな、ということで夫と相談してそうなりました。我々夫婦はもともと早く帰宅したほうが夕飯準備をし、その他の家事も分担する派です。それでも子どもを持つと母親にしか務まらないこともあるだろうから、私の職場の近くに家を寄せることになりました。私の職場には自転車通勤・職場の近くに住まうことに対しサポートがあり、それも決断を後押ししてくれました。
 
引っ越しの満足度は?
かなり高いです。職場も児童館も日常の買い物をするスーパーも近く満足しています。銀座が20分圏内なのも嬉しいところ。結果的に夫の職場も近くなりました。物件自体もファミリーフレンドリーで収納も沢山あるので気に入っています。何より広いです。子どもの成長は早く、8カ月頃からかなり活発になり、自在に動き回っており…。やんちゃをするにはなかなかスペースがいるものです。
 
とこんな感じです。ひとつはっきり言えるのは、職場が家から近いのはとても良い!ということです。これまで通勤に使っていた時間を家事や自由時間に充てられるのは有意義だし、なんにせよ混雑した交通機関を使わなくてよくなったのは大きいです。
 
今日はこの辺で。