35'S DAYS JAPOBOLIVIANA

青年海外協力隊生活@ボリビアで得たこと、帰国後の日本での生活・仕事ぶりについて気ままに書き綴ります!!

#012 青年海外協力隊出発準備 その①:日常生活品

しばしお堅い話題が続きましたが、今日は荷物の準備について♪ 鉄則はシンプル&コンパクト。出来るだけ現地のモノでことを足らせる努力をしつつ、それでも持参するのがよさそうなものをピックアップしてみました。あくまでも私の場合なので、各自優先順位に応じて柔軟お願いします!ちなみに出発時の荷物は飛行機に乗せられる一番大きなスーツケース1個、バックパック1つ、PC等貴重品用のカバン1つでした!

f:id:micco35:20151129223626g:plain f:id:micco35:20151129223653p:plain f:id:micco35:20151129223907p:plain

 

1.衣類
私の場合、赴任後、洗濯は手洗いである、ということが分かっていたので笑、『ガシガシ洗える服』を求めていました!洗濯機がある場合でも、日本のクオリティーが保証されることは少ない…ので、雑な扱いになっても自分として残念にならないものをチョイスするのがよいと思います。

f:id:micco35:20151129220303j:plain

 
言わずもがなですが便利でした。しかも任地での人気もまた抜群。帰国時は着古していたにも関わらず、服をほしがられることに笑。オンラインだと駒ケ根研修所からでも購入できたので、それも便利でした。即研修所でも使いたいものは研修所宛てに、その他の荷物は実家に届くように購入・準備しました。
 

アウトドア用品

丈夫で機能的。荷物はあまり多く出来ず、少数精鋭にと思うと、上着系やカバン類はアウトドア製品が優秀。その他のアイテムも全般的に汚れにくい・乾きやすい物が多いのでオススメです。と言ってもどこで買ったらよいか分からないー山とか普段行かないしーという場合は、モンベルは探しやすいと思います。個人的な感想を書くと、高いけれどPatagoniaの良さは格別です。
 
 
2.日本クオリティーを保ちたいモノ(私の場合)
下記については全てを赴任時に持参するわけにいかないので、初期の必要分のみスーツケースに入れ、その他は3カ月程かかる船便で任地最寄りの郵便局私書箱宛て送りました。私の場合は同じ都市の隊員が代々私書箱を借りていたので、その宛先を事前に知る機会があり、実現しました。そうでない場合はJICA事務所宛てに送らせてもらう(ただし事前のお断りが必要!)、後日家族に送ってもらうのがよいでしょう。
 
化粧品
自分はそこまで肌が強くない方だったので、現地調達には不安があり、2年分事前に購入し、持っていきました。(今思えば大量の化粧品の山の写真とっておけばよかった笑)アイテムとしては化粧水、乳液、化粧下地、化粧落とし(水が無い地域だからふき取るタイプ!)。というのも私の任地は南米ボリビア。しかも私の任地は標高3000メートルと太陽がものすごく近く、紫外線は20倍、との事前情報だったので、備えました。都市部のスーパー等で調達ができたとして、ほとんどがアメリカ処方で、アルコール成分含有量等が異なるという点も考慮しました。美容にはそれほどこだわらない方ですが、協力隊としての活動は外歩きが多いので、知らず知らずのうちに日焼けするので、きちんとケアする方が後々のためですよ~!頑張った勲章ではありますが、ほくろがかなり増えました。
 
コンタクトと眼鏡
私の視力は0.1ない程度なので生活必須アイテムです。水のない地域への派遣だったので、割高ではありますがワンデータイプを2年分準備。派遣国にもよりますが、日本はコンタクトの需要がかなり高く割引率も高いので、任地で調達するより結果として経済的でした。とはいえ一度に2年分は購入できないので、別のお店で2回に分けて購入しました。眼鏡は念の為古いのでもよいら2本持参しました。案の定停電続きの際に暗闇で1本踏んで割ってしまったので2本持参して正解でした…
 
いかんせん慣れない土地での活動なので、頭痛薬など自分にあったものは持参するのが心理的に安心です。現地で買えないこともないですが、処方が強すぎたりも考えられます。あとは慣れない食生活なので、三共胃腸薬は私の味方でした!

f:id:micco35:20151129221307j:plain f:id:micco35:20151129221335j:plain

 
生理用品
いわずもがな女性限定アイテムです…赴任先にも女性が生活している訳で、それなりの生理用品はあるので、必須持参アイテムではないかもしれません。しかしながら着任後すぐに思うような買い物ができないこともあり得るし(お店で説明出来なかったり、男性のいる前で購入し辛かったり…)、そのクオリティーが悪いと驚くと思うので、保険と思って多少持っていくことをお勧めします。断言できるのは日本製のタンポンはピカイチということ…(内緒ですが、しかもギャグみたいですが、赴任先でどうしても困ったら、赤ちゃん用のオムツを応用してみるのはおススメです。)
 
ではでは今日はこんなところで。
さて、明日は月曜。また元気に1週間過ごせますように~。
チャオ!