35'S DAYS JAPOBOLIVIANA

青年海外協力隊生活@ボリビアで得たこと、帰国後の日本での生活・仕事ぶりについて気ままに書き綴ります!!

#005 青年海外協力隊経験者の考える労務管理!

う6月!時間が過ぎるのも、暑くなるのも兎に角早い! 

唐突ですが、今日は労務管理について。ボリビアや他の地域である意味ボケボケ暮らしたことのある私ではありますが、正社員として働く基礎は、新卒時の会社(もちろん日本)でみっちり身につけ、実践してたんですよね…という訳で、今日は通算10年の勤務から思う『あるべき上長の姿@労務管理』を書いてみます。
 
f:id:micco35:20150605002730j:image
 
完ぺきは求めてはいけないですが、チームを束ねる立場の人で下記事項を実行できない人は先が厳しいでしょう。
 
⚫︎自分の部署の全体像を把握している
⚫︎仕事は具体的に振る
(誰が、何を、いつまでに)
⚫︎仕事は終業時間内に振る
⚫︎時間外の命令も明確にする
⚫︎迅速な判断をする
⚫︎部下を労う(たまにとってつけたようなこと言ってもバレている)
 
まとめると労務管理において大切なのは2点。『全体を見渡せる』『何事もハッキリ判断する』でしょう。
 
健全な組織を目指すなら、人事は管理者たちを観察し、実行出来ていない者についてはトレーニング等々を課すのが道理でしょう。
 
なんか自分の部下たちとしっくりこないんだよね、という上長のみなさん、こっそり自分の行動を振り返ってみては?!自信のない方は次のキーワードをググってみるのも案外良いかもしれません。
 
⚫︎有給の申請と承認
⚫︎裁量労働制の夜間勤務
 
ではでは。